ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

日本の妖怪図巻


・百怪図巻

百怪図巻』(ひゃっかいずかん)は、英一蝶の門人である江戸時代中期の画家佐脇嵩之(さわき すうし、1707年-1772年)によって元文2年(1737年)に描かれた、妖怪を主題とした絵巻物である。



・画図百鬼夜行

画図百鬼夜行』(がずひゃっきやこう、がずひゃっきやぎょう)は、安永5年(1776年)に刊行された鳥山石燕妖怪画集。




・今昔画図続百鬼


『今昔画図続百鬼』(こんじゃくがずぞくひゃっき)は、1779年(安永8年)に刊行された鳥山石燕の妖怪画集。『画図百鬼夜行』の続編。
「雨」「晦」「明」の三部構成となっている。『画図百鬼夜行』は絵のみであったが、本作は加えて解説文が添えられていることが特徴。


・今昔百鬼拾遺

『今昔百鬼拾遺』(こんじゃくひゃっきしゅうい)は、1781年安永10年)に刊行された鳥山石燕妖怪画集。

「雲」「霧」「雨」の三部構成となっている。本作で描かれている妖怪には、実際の伝承にあるものではなく、石燕が創作したものも多く含まれている。


動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿