ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~) 11月24日 82話 爺婆ぬっぺっぽう 脚本:金月龍之介 ねずみ男が売った若返りクリームを使った人がみんな年老いてしまう問題が起きる。鬼太郎たちがねずみ男を問いただすとぬっぺっぽうという妖怪から頼まれた...

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(11~15話)


ゲゲゲの鬼太郎6期の各話タイトルとあらすじ(11~15話)

11話 日本征服!八百八狸軍団 八百八狸・妖怪獸(蛟龍) 2018年6月10日


突如夜空に二つ目の月が出現!この第2の月はどんどん地球に近づいて、東京湾の上空に。

一方、日本では200年以上前に封印されたはずの八百八狸(はっぴゃくやだぬき)たちが電波をジャックし日本政府の乗っ取りを宣言した。

鬼太郎(声:沢城みゆき)に助けを求めようとしたまな(声:藤井ゆきよ)は反狸勢力として捕らえられてしまう。

まなを救出するため、鬼太郎たちは狸が潜んでいる地下の巨大空間へ向かう。

その頃、日本政府は第2の月をミサイルで撃墜。東京湾に落ちた巨大な物体は、実はある妖怪の卵だった……!! 鬼太郎は八百八狸たちの企みを阻止できるのか!?



予告

12話 首都壊滅!恐怖の妖怪獸 百八狸・妖怪獸(蛟龍) 2018年6月17日

日本はたぬきに政権を乗っ取られてしまい、反たぬき派の人たちが次々に捕まっていく中、人々は互いの言動を監視し合うようになってしまう。

一方、刑部狸(ぎょうぶだぬき)(声:堀内賢雄)の呪いによって石になった鬼太郎(声:沢城みゆき)を助けるため、まな(声:藤井ゆきよ)やねこ娘(声:庄司宇芽香)たちは再び地下へ向かう。

捨て身の覚悟でたぬき軍団と戦う砂かけばばあ(声:田中真弓)や子泣きじじい(声:島田敏)たち。

残るは人間のまなだけになったが、まなにかけられた刑部狸の呪いが発動し、まなの体に異変が起こる。

そしてついに妖怪獣がついに日本を破壊し始める。鬼太郎たちはこの危機にどう立ち向かうのか!?



予告

13話 欲望の金剛石!輪入道の罠 輪入道 2018年6月24日

ねずみ男(声:古川登志夫)が経営する激安ダイヤモンドの店が大繁盛。それを怪しむ鬼太郎(声:沢城みゆき)にねずみ男は反発し、鬼太郎に絶交宣言をしてしまう。

実はねずみ男は裏で輪入道(声:江川央生)と手を組んでいた。

ねずみ男は人間たちを輪入道の下へ連れて行き、輪入道は人間たちの魂を食らう。

魂を食われた人間たちはダイヤモンドとなってしまうのだった。

そのダイヤモンドを売りさばき、今や大金持ちとなったねずみ男は豪遊三昧。

ある時、商売を奪われたダイヤモンドシンジケートの人間がねずみ男の前に現れ、ねずみ男を連れ去ってしまう……!



予告

14話 まくら返しと幻の夢 まくら返し 2018年7月1日

眠ったまま目覚めなくなってしまった父親を心配する少年・マサシ(声:のぐちゆり)は、まな(声:藤井ゆきよ)を通じて鬼太郎(声:沢城みゆき)に助けを求める。

まなによると、マサシの父親以外にも眠ったままの大人たちが多数いるのだという。

目玉おやじ(声:野沢雅子)の、大人たちは妖怪によって夢の世界に捕われているのでは、という推測のもと、鬼太郎たちはまくら返し(声:岩崎ひろし)のもとを訪ねたが、まくら返しは犯人ではなかった。

まなはまくら返しをうまくたきつけ、鬼太郎たちは彼の術で夢の世界へ入り込む。

そこは思い描いたことが何でも叶ってしまう場所。

まなとねこ娘(声:庄司宇芽香)は早くも自分の夢の世界に夢中になってしまうのだった。



予告

15話 ずんべら霊形手術 ずんべら 2018年7月8日

アイドルのおっかけをしている少女・きらら(声:ゆかな)はかわいい顔になりたい願望が強く、自分の容姿を恨めしく思っていた。

ある時きららは不思議な老婆、妖怪・ずんべら(声:久川綾)に出会う。

ずんべらは、自分の霊形手術を受けさえすれば望むままの美貌を手にすることができると持ちかける。

かくして、霊刑手術を受けたきららは美少女となった。

しかし、彼女は大きな代償を払っていたのだ。美少女となり周囲からの羨望のまなざしに酔いしれたのも束の間、突如、苦しみがきららを襲う。

なんと彼女の顔が全て剥がれ落ち、のっぺらぼうになってしまったのだ!



予告

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿