ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期18話「かわうそのウソ」ねこ娘がいっぱいでした!


ゲゲゲの鬼太郎6期18話「かわうそのウソ」では、もんぺ姿のねこ娘が登場


このところ毎日のように鬼太郎(声:沢城みゆき)の家の前に大量の野菜が届けられるようになっていた。

一体誰の仕業かと不審がる鬼太郎と目玉おやじ(声:野沢雅子)だったが、そこへ現れたねこ娘(声:庄司宇芽香)は、ただの野菜なのだからもらっておけばいいと言う。

実は、その野菜は、誰も耕さなくなった畑を借りてねこ娘が育てていたものだった。

ある日、ねこ娘は道端で倒れ、困っている少年に鬼太郎に届けるはずだった野菜を与える。

一方、まな(声:藤井ゆきよ)は訪れた別荘の近くに、ずる賢い妖怪が出るという噂があることを母親の純子(声:皆口裕子)から聞かされていた。

まなが、あたりを散策していると、もんぺ姿で畑仕事をするねこ娘に出会う。

ねこ娘は、夫婦で崖の下に落ち怪我をしたおじいさんのために畑仕事を手伝っているという。

一緒に落ちたおばあさんは未だに行方不明らしい。

次の日、まなとねこ娘が畑で一緒にスイカを食べていると、そこへ鬼太郎と目玉おやじがやってきた。

鬼太郎たちは最近、悪さをしているおべべ沼のかわうそを探していた。


今回は、自然を大事にしようというキャンペーンのような・・・・教育的内容を取り入れたお話でした。

あとは、ねこ娘ファンにはたまらない天海だったような気もします。

メインの妖怪はカワウソと言うことでしたが、ほとんどねこ娘で埋められていました。

ストーリー展開は、カワウソが悪さをして最後は反省するという流れで、特に目新しいものではありませんでした。

ただ、気に入らなかったわけでは無く、猫娘のもんぺ姿や、ツンデレ全開と言うことで、楽しんで見ることが出来ました。


カワウソののためは、過去作と変わりありませんでした。

少年の姿で人を騙す妖怪です。

カワウソとねこ娘




©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿