ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~) 8月25日 70話 霊障足跡の怪 祟りを起こすと言われるタイタンボウの御霊石を、破壊しようとする健人。そこに鬼太郎が現れる。彼が指差す先の人影を見ると、その顔がドロリと溶け…!? 山の番人は、タイタンボウさまと...

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「あかなめ」過去に3種類登場しています


ゲゲゲの鬼太郎に登場した妖怪「あかなめ」過去に3種類のあかなめが登場しました。

あかなめ(アカナメ) ---/008/008/016/---/023

古典の妖怪画の画図では、ざんぎり頭の子供の姿で、風呂場のそばで長い舌を出した姿で描かれています。

どのような妖怪を意図して描かれたものかは推測の域をでませんが、江戸時代の怪談本『古今百物語評判』には「垢ねぶり」という妖怪の記述があり、垢嘗はこの垢ねぶりを描いたものと推測されています。

『古今百物語評判』によれば、垢ねぶりとは古い風呂屋に棲む化物であり、荒れた屋敷などに潜んでいるといわれています。

垢ねぶりは塵や垢の気が集まった場所から変化して生まれたものであり、垢を嘗めて生きるものとされています。

現在は、あかなめは古びた風呂屋や荒れた屋敷に棲む妖怪であり、人が寝静まった夜に侵入して、風呂場や風呂桶などに付着した垢を長い舌で嘗めるとされています。

ゲゲゲの鬼太郎では、2期・3期・4期で数種類のあかなめが登場しています。

2期22話のあかなめ以外は基本的に善良な妖怪として描かれています。

では、順番に遡ってみていきます。

6期は23話「妖怪アパート秘話」で、ろくろ首唐傘と共に爽快アパートに住み着いた3妖怪の一人「あかなめ」で登場しました。


6期23話のあかなめ

4期では16話「灼熱の妖怪!ひでり神」で登場しました。

あかなめと白うねりを利用して、ねずみ男が金儲けを試みます。

ねずみ男の家に住み着いた白溶裔が植えたカビを、あかなめが掃除するというインチキ商売をさせられていました。

緑色の神に赤い髪で、巨大化もしました。

どちらかと言えば愛嬌のある顔立ちで、見た目からしても悪役妖怪では無いですね。

4期16話のあかなめ

3期では8話「だるま妖怪相談所」と33話「妖怪あかなめ悲しみの逆襲」で登場しました。

8話では、妖怪相談所に来た客として出来て、現代の人間の風呂が清潔過ぎて舐める湯垢が無いことを嘆いていました。

33話では、人間が捨てたゴミからできた未知の物質によって理性を失い、巨大化して大暴れするしました。

3期8話のあかなめ

3期33話のあかなめ

2期では8話「マンモスフラワー」と22話「あかなめ」で登場しました。

8話に登場したあかなめは、汚れを浄化する力を持つ清潔好きな性格で、人間の環境汚染に怒って汚れを養分に育つマンモスフラワーを繁殖させました。

22話では、人間が捨てたゴミが集まり変化した巨大な妖怪で、触れた物全てを自分の体と同化させてしまいます。

東京を占領してゴミや害虫の王になろうとし、鬼太郎をも吸収しました。

余談ですが、個人的には8話に登場したあかなめが好きです。

2期8話のあかなめ

2期22話のあかなめ
妖怪画

百種怪談妖物雙六

画図百鬼夜行

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿