ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~) 8月25日 70話 霊障足跡の怪 祟りを起こすと言われるタイタンボウの御霊石を、破壊しようとする健人。そこに鬼太郎が現れる。彼が指差す先の人影を見ると、その顔がドロリと溶け…!? 山の番人は、タイタンボウさまと...

ゲゲゲの鬼太郎6期22話「暴走!!最恐妖怪牛鬼」迫力の作画は一見の価値あり!


ゲゲゲの鬼太郎6期22話「暴走!!最恐妖怪牛鬼」鬼太郎の変身シーンや迫力の作画は一見の価値あり!

まなとネコ娘は商店街の福引きに当選し、おしゃれなリゾート島にやってきた。

鬼太郎は後から合流する予定だ。まなたちが船から降りると、なんだか聞き覚えのある声が聞こえてきた。

なんと、コーディネーター然としたねずみ男と、テレビ番組の撮影クルーがいたのだ。

ねずみ男たちはこの島に伝わる怖い伝説を撮影しに来たという。

ねずみ男たちは伝説に関する有力な証言をなかなか得られずにいたが、ある少年が「恐ろしい牛鬼の伝説がある」と言う。

今回は、過去のストーリーに近かったですね。

撮影番組のクルーが牛鬼の封印を解き、牛鬼化します。ねずみ男を食べた後、鬼太郎に倒され、今度は鬼太郎が牛鬼化。

安定のストーリーでした。

最後は、目玉おやじや島の人々の祈りに応じて迦楼羅様が登場し、横笛を吹いて火山の火口へと牛鬼を導きます。

火口に落ちた牛鬼はからだから抜けだし、気体となったところを迦楼羅様が捕まえ、鬼太郎は無事生還します。

今回の迦楼羅様はかなり雄弁で、色々説明もしてくれました。

見所は、やはり作画でしょう。劇画調の作画は迫力がありました。鬼太郎の変身シーンや、ねこ娘の色々な表情も見所の一つでした。

悲しげ表情のねこ娘のエルフ耳や、生還した鬼太郎に抱きつくねこ娘など、ねこ娘ファンにはたまらないシーンの連発でした。



牛鬼になった鬼太郎


迦楼羅様


©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿