ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「牛鬼」殺すことの出来ない妖怪で、ある意味最強!


ゲゲゲの鬼太郎に登場した妖怪「牛鬼」は、殺すことが出来ません。ある意味最強の妖怪だと思います!


牛鬼 ---/015/042/006/014/022

牛鬼は、2.3.4.5.6期で登場。

アニメに登場する牛鬼は、本体は細胞を変化させる目に見えない生きた気体で、他の生物の体を乗っ取って牛鬼の姿に変え、宿主が死ぬと最も近くの生物に乗り換える。

殺された場合は加害者が新しい宿主となるもので、殺してしまうことは出来ないとされています。

伝承では、非常に残忍で獰猛な性格をしており、毒を吐き、人を食い殺すことを好む妖怪でと言われている。

頭が牛で首から下は鬼の胴体もしくは、その逆に頭が鬼で、胴体は牛の場合もある。

山間部の寺院の門前に、牛の首に人の着物姿で頻繁に現れたり、牛の首、鬼の体に昆虫の羽を持ち、空から飛来したとの伝承もある。

海岸の他、山間部、森や林の中、川、沼、湖にも現れるとされるが、特に淵に現れることが多く、近畿地方や四国にはこの伝承が伺える「牛鬼淵」・「牛鬼滝」という地名が多く存在している。

6期22話「暴走!!最強妖怪牛鬼」


番組の撮影クルーが牛鬼の封印を解き、牛鬼化します。

ねずみ男を食べた後、鬼太郎に倒され、今度は鬼太郎が牛鬼化。

安定のストーリーでした。鬼太郎の変身シーンはとてもステキでした。

最後は迦楼羅様によって火山の火口へ落ちた牛鬼が気体となったところを迦楼羅様が捕獲し、鬼太郎は無事生還という流れでした。

変身シーン

昔の牛鬼に戻ったような見た目です

人間を食らう牛鬼

5期14話「鬼太郎死す!?牛鬼復活」


金に目がくらんだねずみ男によって牛鬼の封印が解かれ、ねずみ男は、牛鬼に乗り移られてしまいます。

牛鬼が乗り移ったねずみ男

鬼太郎は、ねずみ男を助けるために牛鬼に自らの体を差し出し、牛鬼に変身してしまう。

牛鬼が乗り移った鬼太郎
牛鬼に体を乗っ取られた鬼太郎は、完全に意識が飲み込まれる前に、牛鬼を滅ぼすために自ら火山の火口へと飛び込みます。

火山の火口へと落ちていく鬼太郎牛鬼

火口に落ちて死んだものと思っていた鬼太郎ですが、何故か火口から生きて出てくることが出来ました。

鬼太郎を助けたのは、迦楼羅様でした。

迦楼羅様



4期6話「暴走!鬼太郎牛鬼」


釣りに来たワンマン社長によって牛鬼の封印がはがされ、牛鬼が復活しします。

封印をはがすワンマン社長
牛鬼に乗り移られた社長は、牛鬼に変身してしまい、町を破壊する。

牛鬼に乗り移られた社長
鬼太郎は牛鬼を倒しますが、牛鬼に乗り移られてしまいます。

牛鬼となった鬼太郎は、ねずみ男子泣き爺一反もめんも食べてしまいました。

ねずみ男を食べる鬼太郎牛鬼
目玉おやじに牛鬼の鋭い牙がおそいかる間一髪のところで、祈りに答えた迦楼羅様が姿を現します。

迦楼羅様
迦楼羅様の笛に導かれ崖から落ちた牛鬼は鬼太郎の体か出て、迦楼羅様によって封印されました。





3期42話「妖怪牛鬼」


立ち入り禁止の場所に釣りに来た人間によって、牛鬼の封印が解かれてしまう。

封印が解かれる

同じ場所へ釣りに来たねずみ男は、そこに現れた牛鬼に飲み込まれてしまいます。

牛鬼にの見込まれるねずみ男

牛鬼
鬼太郎は牛鬼を倒し、ねずみ男を救いますが、牛鬼に乗り移られてしまいます。

人々は迦楼羅様に祈り、その祈りに答えた迦楼羅様が現れます。

迦楼羅様
迦楼羅様は笛の音で牛鬼を火山の火口へと導いていきます。


火口へと落ちそうになると牛鬼は鬼太郎の体から抜け出し、そこを迦楼羅様に捕らえられました。

元に戻った鬼太郎は間一髪火口から逃れて生還しました。

鬼太郎の体から逃げ出す牛鬼



2期15話「牛鬼」


牛鬼のたたりがあると言われる牛鬼岩で釣りをしたねずみ男は、牛鬼をつり上げてしまいます。


鬼太郎は牛鬼を倒しますが、牛鬼に乗り移られてしまいます。

牛鬼になった鬼太郎
人々の祈りに答えて迦楼羅様が現れる。

迦楼羅様
迦楼羅様は、笛の音で牛鬼を火山の火口へと導いていきます。


火口に落ちた牛鬼は気体に戻り、迦楼羅様に捕らえられます。

鬼太郎は、その驚異的な生命力で生き残りました。

牛鬼を捕らえる迦楼羅様

火口から出てきた鬼太郎

牛鬼の妖怪画(うしおに)


『百怪図巻』など江戸時代に描かれた妖怪絵巻では、牛の首をもち蜘蛛の胴体を持っている姿で描かれることが多い。

百怪図巻の牛鬼
画図百鬼夜行の牛鬼

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿