ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~) 11月24日 82話 爺婆ぬっぺっぽう 脚本:金月龍之介 ねずみ男が売った若返りクリームを使った人がみんな年老いてしまう問題が起きる。鬼太郎たちがねずみ男を問いただすとぬっぺっぽうという妖怪から頼まれた...

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「子泣き爺」


ゲゲゲの鬼太郎ファミリーの一員、妖怪「子泣き爺」の紹介

3期で雷との戦いに向かう子泣き爺

阿波国(徳島県)出身とされる。

5期では日本妖怪四十七士の徳島県代表。

腹掛けと蓑を身に着け、赤ちゃんのような顔に爺のヒゲをはやした妖怪。

年齢はアニメ第3作によると3100歳。

人や妖怪に抱きつくと石になり段々体重が増加していき、その重さで身動きをとれなくさせる。

実際の伝承ではこの技で人を殺してしまう恐ろしい妖怪だが、本作の中では鬼太郎の良き保護者的な善の妖怪として活躍します。

非常に酒好きで、酔っぱらって砂かけ婆によく叱られます。

老人の姿はしているが、同じ年配者の砂かけ婆とは違って中々に軽快で高い運動能力を持っています。

見た目については、腹掛けの色と柄が違う以外は、ほとんど変わっていません。

伝承では、一般には、泣いている子泣き爺を見つけた通行人が憐れんで抱き上げると、体重が次第に重くなり、手放そうとしてもしがみついて離れず、遂には命を奪ってしまうとされています。

伝承地とされる徳島県地方では、実際には子泣き爺の伝説は存在しないことが判明していますが、一方で徳島の伝説を採取した書籍『木屋平の昔話』には、山中で不気味な赤ん坊の声で泣く妖怪と人間が抱き上げると重たくなって離れない妖怪などのことが記されているため、これらの妖怪譚が一体となって子泣き爺の話が生まれたのではないかと考えられています。

1期では、ゲストキャラでした。


1期の子泣き爺

2期からは鬼太郎の仲間として一緒に戦います。


2期の子泣き爺

3期でも酒好きな設定は変わりませんが、ここからは、砂かけ婆と旧知の間柄という設定になります。


3期の子泣き爺

4期の子泣き爺は、お茶目な性格が加わり、マイペースでした。

4期では、自身を石化するほかにも、手足の一部だけ石化したり、触れたものを石化させたり、石の棘をはやしたりすることも出来ました。

4期の子泣き爺

5期は砂かけ婆の妖怪アパートの住人で、西洋妖怪との一騎打ちで相手を倒すほどの戦闘力でした。


5期の子泣き爺

5期97話猫になった子泣き爺

6期ではゲゲゲの森に住んでおり、いつも酔っ払っているようです。


6期の子泣き爺

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿