ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「ぬりかべ」


ゲゲゲの鬼太郎ファミリーの一員、妖怪「ぬりかべ」の紹介


6期 まなちゃんを見守るぬりかべ



鬼太郎の仲間。5期では日本妖怪四十七士の福岡県代表。



巨大な壁の妖怪で、おとなしい性格をしている。

低い声で「ぬりかべ~」と言う以外は基本的に口数が少ない。

巨体を活かした怪力や、壁による防御で鬼太郎達を守ったり、倒れこんで敵を押し潰す。

また、敵を体内に塗り込んで封じたりもできます。

いわゆる鬼太郎たちのボディガード的存在で防御に登場することが多いのですが、怪力で、敵妖怪と力比べのシーンも多くありました。

体の大きさをある程度変えれて巨大妖怪とも互角に戦い、地中をかなり自在に移動する事も可能です。

鬼太郎の仲間では、子泣き爺に次いで酒好きで、女性の優しさに惚れやすい純情な面もあります。

なお、5期では結婚していて、妻と子供がいます。

伝承では、夜道を歩いていると、目の前が突如として目に見えない壁となり、前へ進めなくなってしまうというもの。

壁の横をすり抜けようとしても、左右にどこまでも壁が続いており、よけて進むこともできない。

蹴飛ばしたり、上の方を払ったりしてもどうにもならないが、棒で下の方を払えば壁は消えるといわれています。

声 - 北川米彦(第1作)、富田耕生(第1作代役、異聞妖怪奇譚)、内海賢二(第1作代役)、キートン山田(第2作)、屋良有作(第3作)、龍田直樹(第4作、第5作)、島田敏(第6作)

1期ではゲストキャラでした。


1期のぬりかべ

2期では妖怪アパートの住人となりました。


2期のぬりかべ

3期から、「ぬ~り~か~べ~~」と言う台詞が定着します。


3期のぬりかべ

4期のぬりかべ

5期では、なんと、所帯持ちとして登場し、妻のぬりかべ女房と、12体の子ぬりかべと共に登場しました。


5期のぬりかべ

5期のぬりかべファミリー

6期でもその見た目は変化ありませんが、犬山まなに惚れたりしています。


6期のぬりかべ

妖怪画

ぬりかべの妖怪画
こんな妖怪画もありました
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿