ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(76話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(76話~) 10月27日 79話 こうもり猫のハロウィン大爆発 こうもり猫は、1期と3期では、バックベアードに大統領選で敗れ、4期ではバックベアード配下の四天王の一人として登場しました。 10月20日 78...

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「輪入道」牛車の車輪に顔がついた妖怪


ゲゲゲの鬼太郎に登場した妖怪「輪入道」は炎に包まれた牛車の車輪の中央に男の顔が付いた姿で、生き物をダイヤに変えてしまう。

輪入道(ワニュウドウ) 036/---/005/005/090/013

鳥山石燕は、炎に包まれた牛車の車輪の中央に男の顔が付いた姿を描いており、解説文によると、輪入道は自分の姿を見た者の魂を抜いていき、「此所勝母の里」と書いた紙を呪符として家の戸に貼ると、輪入道が近づくことができないととされています。

ゲゲゲの鬼太郎では、石燕の妖怪画とほぼ同じスタイルで、炎を纏った車輪に入道の顔がついており、口から吐く光線で人間をダイヤモンドに変えることが出来る妖怪として登場します。

6期では第13話「欲望の金剛石!輪入道の罠」で登場。

ねずみ男と組んで魂を食っていました。

しかし、だんだん手に負えなくなっていったため、ねずみ男が呼んだ鬼太郎を呼びます。

鬼太郎の足に炭素光線を浴びて下半身をダイヤに変えられてしまいますが、鬼太郎はねずみ男が彼を庇って飛び込ませた自動車から取れたサイドミラーを拾い、それで炭素光線を反射させ輪入道をダイヤモンドに変えてしまいます。

ダイヤモンドに変えられた人々も元に戻りました。

6期輪入道とねずみ男

5期では妖怪横丁の住人として登場しました。

敵対する話はなく、火車、白坊主と共に運送屋を営んでいる。

妖怪四十七士の京都府代表に覚醒した。火車の「火輪奔り」など炎の技を受けると何倍にも強化して撃ち出せます。

5期の輪入道

4期は5話「ダイヤ妖怪・輪入道」で登場しました。

ねずみ男と組んで、彼がダイヤ商売で集めた人々をダイヤモンドに変えて魂を食っていました。

炭素光線を返されないように住処の鏡を全部砕いており、鬼太郎ファミリーのほとんどをダイヤ化して鬼太郎を追い詰めるましたが、とどめの炭素光線を大鏡を持って現れたぬりかべに返され、魂を吐き出した後にダイヤになり鉄骨の落下で砕かれました。

4期の輪入道

3期は5話「ダイヤ妖怪輪入道」で登場。

昔、砂かけに懲らしめられ千年眠っていたが、ダイヤ目当てに出入りする人間に目を覚まされました。

鬼太郎が住居にあった妖魔の鏡を使って輪入道をダイヤにしますが、妖魔の鏡の力で輪入道が復活しかます。

鬼太郎が鏡を壊すとダイヤは全て消滅しました。

3期の輪入道

1期は36話「ダイヤモンド妖怪」で登場。

炎を操る他、口から炭素光線を吐き、生物をダイヤモンドに変えて喰らっていました。

最後は、光線を鏡で返され自滅しました。

1期の輪入道
妖怪画

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より「輪入道」

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿