ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

ゲゲゲの鬼太郎 植物「妖花」妖花と言えば美少女と貝の船!


ゲゲゲの鬼太郎に登場する「妖花」のお話では、戦争の悲惨さと南の島へ向かう美少女が定番でした!


蔦状植物の花で、人間界でも知られている種類ですが、本来は南方のもので日本では育たない。

基本的に妖花は想いを伝える花という設定になっています。

妖花の登場する話では、総じて戦争のむなしさを表現したものとなっています。

見所は、南方へと導かれる美少女と乗り物です。

6期では、美少女の代わりにまなちゃんでした。個人的には貝の船が好きです。


6期20話「妖花の記憶」では、戦争の悲しさを前面に押し出したストーリーでした。



入院中の、まなの大叔母淑子に頼まれて、まなは、大叔母の家の花を見に行きます。

そして、その花を見た鬼太郎達と共に南の島へ向かっていきました。

島では、日本の会社が木を伐採していましたが、そこでは、夜になると空襲のとが鳴り響き、作業員達は、トゥブアンの祟りだと恐れていました。

鬼太郎達は妖花の大本へとたどり着き、そこで大量の日本兵の遺骨を見つけます。

そのうちの一つが、かつての淑子の恋人、聡二郎でした。まなは、ポケットに入っていた手紙を大叔母に届け、家柄などの問題から、離ればなれになってしまったいきさつを聞きます。

戦争が引き起こす悲劇に焦点を当てた、平和の大切さを考えさせられるお話でした。

貝の船。船頭はカワウソ

妖花




1期32話「妖花」花子という少女の家の周囲に不思議な花が生えました。


鬼太郎が相談されて調査に向かうが、花の正体は一向に判然としない。

鬼太郎は花子を連れ、花の種が飛んできた方向を目指して南の島へ向かう。

小鬼の襲撃を受けるなどの障害を乗り越えながら、一行はジャングルの奥にたどり着き、そこで戦争で死んだ両親の遺骨を見つける・・・と言うことで、花子を呼んだのは両親でした。

花子

妖花

貝の船



3期71話「妖花の森のがしゃどくろ」華子のアパートに一夜のうちに咲き乱れた花。


それは本体の木がある限り咲き続ける妖花だった。

この妖花の目的を探るべく本体の木がある場所へと向かう鬼太郎たちと華子。

長い船旅の末、赤道近くの島で本体の木を発見する。

すると華子の耳に「この木の下を掘れ」という声が聞こえてくる。

言われた通り掘ってみると、そこには戦死した華子の叔父の骸骨と遺品が眠っていた。

そこへ鬼太郎たちを墓荒らしと思い込んだ妖怪:がしゃどくろが襲ってきた!

がしゃどくろはこの島で墓守と言う設定でした。

全身の姿が出てくるのですが、カマキリみたいでした。

3期で花子を呼んだのは、華子の叔父でした。

妖花

華子

貝の船・カワウソが船頭





 4期30話「妖花!夏の日の記憶」鬼太郎は古本屋の店員・花子の周りに、不思議な花のイメージを感じ、彼女の部屋を訪ねてみた。


すると、そこには南方の花が咲き乱れていた。

花子と同居していた祖母は、3年前に突然姿をくらましていた。

鬼太郎は妖怪新聞で日本中の妖怪から情報を集め、花子の祖母の居所を探すことにした。

手がかりはとある古美術商に残っていた。

花子の祖母が大切にしていた文箱が売り物に出ていて、その中に若い頃の祖父と撮った写真が入っていたのだ。

南方の島へ向かった鬼太郎達は、戦死した花子の祖父と行方不明となっていた祖母の遺骨を見つける。

4期は特に変わった妖怪の登場は無く、戦闘もありませんでした。

と言うことで、花子を呼んだのは祖母でした。


花子と妖花

貝の船



 5期96話「怪奇ロマン!妖花の誘い」幼い頃に船長だった父が行方不明になったまゆみは、最近、連続して不思議な夢にうなされていた。


最後は決まって、ベットの中に引きずり込まれて、目が覚める。

海辺でねずみ男と落し物探しを兼ねたゴミ拾いのアルバイトをしていたネコ娘は、登校中のまゆみを見て、その存在感の無さが気になり、猫のクロに様子を探るように頼んだ。

学校の帰り道、まゆみは飛んできた変わった種を拾い、部屋で植木鉢に植えた。

いつもの夢にうなされて起きた翌朝、種は芽を出して部屋中に蔓を伸ばし、赤い花を咲かせており、まゆみは気を失ってしまう。

鬼太郎達と共に南の島へ向かうが、南の島へ向かったまゆみは、霊体であり、本体は花魄にとらわれていた。

鬼太郎はグハの口に中に入り花魄を倒し、まゆみは元に戻った。

と言うことで、5期では色々な妖怪が登場しました。

なぜ、まゆみが花魄にとらわれたのかは謎です。と言うことで、まゆみを呼んだのは父でした。



まゆみと妖花

妖怪飛行船






©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿