ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~) 8月25日 70話 霊障足跡の怪 祟りを起こすと言われるタイタンボウの御霊石を、破壊しようとする健人。そこに鬼太郎が現れる。彼が指差す先の人影を見ると、その顔がドロリと溶け…!? 山の番人は、タイタンボウさまと...

ゲゲゲの鬼太郎6期25話「くびれ鬼の呪詛」良い感じでホラーでした!


ゲゲゲの鬼太郎6期25話「くびれ鬼の呪詛」予想通り、良い感じのホラーでした!トラウマになった人も!

スマホケースを新調し、ご機嫌なまなでしたが、メッセージアプリ「レイン」に「まなって、いい子ぶってて、なんか嫌じゃない?」と、クラスメイトの香凛(かりん)からの心ないメッセージ届きます。

みやびは、まなのスマホには勝手に呪いのアプリをダウンロードしてしまいます。

まなは、軽い気持ちでそのアプリに香凛の名前を入力してしまいます。

呪った相手は軽傷を負い、彼女のスマートフォンには呪いのアプリから「三時間以内に名前を入れないとのろいが返ってきます」という不気味な通知が届きました。

人々の間で呪いのアプリは瞬く間に広まり、ついにまなのところにも呪いの知らせが届きます。

街行く人々が次々と増殖してゆく呪いの餌食になる中、まなのスマホケースの隙間から何者かの髪の毛が伸びてゆく。

街行く人々が次々と増殖してゆく呪いの餌食になる中、まなのスマホケースの隙間から何者かの髪の毛が伸びてゆく・・・

まなは呪いの連鎖を断ち切ることができるのか!?

今回は、スマホ依存症をテーマにしたホラーと言ったところでしょうか。


タイトルは「くびれ鬼の呪詛」となっていましたが、メインの妖怪は「名無し」です。

くびれ鬼は過去作と見た目は変わりませんが、登場シーンなど、ホラー要素たっぷりでした。


呪いを受けた人々が、「すーまほばっかり見ていると、いーまにのろいがついてくる」と言いながらまなに迫ってきます。


呪いの連鎖はどんどん広がっていき、軽い気持ちで呪いのアプリ使ってしまったまなは、首をくくりそうになってしまいます。



鬼太郎によってくびれ鬼が倒され、事なきを得ますが、目玉おやじの最後の言葉が心に残りました。

「人を呪わば穴二つ」


みんな自分が大事で、呪いのアプリに名前を書き込んでいきますが、結局その呪いは自分に戻ってきます。香凛や雅もけがをしてしまいます。

まなの元にはスマホいっぱいの呪いが届き、他人を呪うのは嫌だと自分の名前を書きました。

そして、自ら首をくくりそうになった瞬間、鬼太郎に助けられます。

アニメですので必然の流れですが、現実ではこうは上手くいかないでしょう。

心に刻んでおきたいと思います。

最後に目玉おやじが言った「人を呪わば穴二つ」とは、人を呪い殺すと、呪いが帰ってきて、墓穴が二ついると言う意味です。地獄少女でも有名ですね。

今回は、名無しがたくさん登場して、最後には、まなの額に二つ目の文字「火」が浮かび上がります。





©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿