ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~) 11月24日 82話 爺婆ぬっぺっぽう 脚本:金月龍之介 ねずみ男が売った若返りクリームを使った人がみんな年老いてしまう問題が起きる。鬼太郎たちがねずみ男を問いただすとぬっぺっぽうという妖怪から頼まれた...

ゲゲゲの鬼太郎 西洋妖怪「魔女アデル」アニエスの姉でバックベアード軍団を率いる女将軍


バックベアード軍団を率いる女将軍であり、魔女でありアニエスの姉。

アデル(アデル) ---/---/---/---/---/027

バックベアード軍団を率いる女将軍。

魔女でありアニエスの姉。

逃亡したアニエスを追い、西洋妖怪の精鋭を引き連れて日本へやってきた。

実直な性格で、代々バックベアードに仕えてきた魔女の名門の家柄を誇りに思っているため、バックベアードに反逆したアニエスに怒りを覚えている。

性格は、責任感、使命感が服を着ているようなキャラクターで、妹に対する思いがある一方、使命もあり、そこが乖離(かいり)せざるを得ず、軸が一つではありません。


27話で登場したアデルは、沈着冷静な司令官そのものという感じで、右手が義手もしくは魔法アイテム担っているようで、これを使い魔法を繰り出すようでした。



また、ヴォルフガングは使った魔法は、アデルがも宝石のようなものに込めた魔法のようでした。

アニエスが逃げるときに、「運命からは逃れられない」と言っており、どんな運命なのか、とても気になります。




©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿