ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~) 8月25日 70話 霊障足跡の怪 祟りを起こすと言われるタイタンボウの御霊石を、破壊しようとする健人。そこに鬼太郎が現れる。彼が指差す先の人影を見ると、その顔がドロリと溶け…!? 山の番人は、タイタンボウさまと...

ゲゲゲの鬼太郎6期 西洋妖怪編の今後の見どころは?


2018年10月7日から、ゲゲゲの鬼太郎6期西洋妖怪編が始まりました。27話で出てきた謎など、今後の見どころをいくつかあげてみます。


アデルが妹に言った、「運命からは逃れられない」という言葉


アニエスがアルカナの指輪を盗み、逃げるときにアデルが言った言葉ですが、この運命とは、どんな運命なのか?とても気になります。

アデルの右手



見た通り、素手ではありませんでした。左手は手袋をしているようなので、義手なのか、それtも魔法アイテムのようなものでしょうか。

攻撃を仕掛けるときにこの右手で魔法石のようなものを握りつぶしているようなので、何かしらの力を秘めたアイテムではないかと考えています。

西洋妖怪の妖力



ヴォルフガングは、その戦いで、アニエスの封印を解いたり、鬼太郎たちを封じ込めたり、また、攻撃を受けてもすぐに回復するような魔法がかかっているようでした。

銀の弾丸を撃ち込まれても、完全に倒すことはできず、魔法で転移しています。

すべての西洋妖怪が魔法の力を使えるとなると、鬼太郎たちの苦戦は必至の状況です。

魔法石のようなものをつぶして魔法を発動するようなので、今回は戦っていない、アデルフランケンシュタインカミーラも当然こういった能力を使えると思います。

西洋妖怪の中でも最強の妖力を誇るバックベアードは、いったいどれくらい強いのでしょうか。

ヴォルフガングに銀の弾丸という弱点があったように、他の西洋妖怪たちにも弱点は亜rのかもしれませんが、鬼太郎たちがどんな戦いをして西洋妖怪たちを倒していくのか、とても楽しみです。

ブリガドーン計画

バックベアード多比西洋妖怪は、ブリガドーン計画の実行を考えているようですが、いったいどんなものなのでしょうか?

過去のブリガドーン現象は、霧のようなものに包まれた妖怪の住み家のようなものでしたが、今回も同じものなのでしょうか。

アルカナの指輪がキーアイテムになっているようですが、どんな効果があるのでしょうか。




名無しの登場



アニエスが逃げるとき、名無しが現れ、アデルの攻撃をふさぎました。なぜ名無しアニエスを助けたのか。アニエスを逃がすことで、鬼太郎たちと精妖怪たちの戦いが起こることを予期しているのかもしれませんが、この行動の意味は分かりません。

最後に、「愚かに戦う 枯草の 燃え広がりて焼野原 その憎しみこそが こよなき甘露」と言っています。

第1話で鬼太郎に弓を放って以降は、名無しは直接鬼太郎たちを攻撃することはしていません。

陰で暗躍し、戦いをあおる存在となっているようですが、その目的はどこにあるのか、謎は深まるばかりです。

現在気になっているのはこれくらいですが、今後のストーリー展開を楽しみにしていきたいと思います。


©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿