ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期27話「襲来!バックベアード軍団」あらすじ&先行カット公開&西洋妖怪編PV


ゲゲゲの鬼太郎6期27話「襲来!バックベアード軍団」

ゲゲゲの森に多数の難民妖怪たちがやってきた。

耳長(声:龍田直樹)をはじめとする彼らを、鬼太郎(声:沢城みゆき)たちは森に受け入れることにしました。

ねずみ男(声:古川登志夫)は宝石の袋をもらい受けご満悦。

ある時、その宝石の一つが光りだして弾け、魔法使い風の少女・アニエス(声:山村響)が姿を現します。

鬼太郎がアニエスに何者かと尋ねようとした刹那、他方から新たにスーツ姿の男・ヴォルフガング(声:草尾毅)が姿を現わします。

その姿を見た耳長たちは怯えて震えだします。

ヴォルフガングは、彼らの国を滅ぼした一味の1人なのだという。

耳長たちは一斉にヴォルフガングに飛びかかるが無残にも殺されてしまう。

怒った鬼太郎たちも挑むが次々と打ちのめされてしまうのだった!!

耳長等の外国妖怪はアニメ初登場と言うことですが、殺されてしまうんですね・・・

アニエスの他、アデルやヴォルフガングなど追っ手の西洋妖怪達や鬼太郎ファミリーに外国妖怪まで、妖怪がいっぱい出てくるようです。

アニエスは。すごく真面目で、時には周りが見えなくなる。

信念を曲げない性格のようですね。

いわゆる頑固者と言うことでしょうか。

また、アデル(声:ゆかな)は、アニエスの姉でバックベアード軍団を率いる将軍。

責任感、使命感が服を着ているようなキャラクターで、バックベアードに反逆したアニエスに怒りを覚えています。

妹に対する思いがある一方、使命もあり、軸が一つではありません。

10月7日の放送が楽しみです!

西洋妖怪の将軍でアニエスの姉 魔女アデル

西洋妖怪 魔女アニエス

エギク(子供を脅かす)、ビディ(小便で川を汚す)、耳長(子供に取りつく霊)、竹鼠の精(竹林に住む)いずれもマレー半島の精霊の類
鬼太郎ファミリーと外国妖怪達

何をやっているのでしょうか?

アニエスはそこそこ背が高そうです

ねこ娘の足にストッキング???

予告

西洋妖怪編PV

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」は10月7日放送分から、エンディング曲が変わります。







1枚はミニチュアサイズで可愛い鬼太郎ファミリーですね。

2枚ともまなちゃんはいないようですが、別のシーンで登場するのでしょうか?

タイトルは「みえんけれどもおるんだよ」で、作詞は、水木しげるの次女、水木悦子さん!作曲は田中公平さん。

オープニングと同じ氷川きよしさんが歌います。

水木悦子 コメント

初めて鬼太郎を見る子ども達に「いろいろな妖怪がいること」を伝えたいと思いました。

ここには10体の妖怪が登場していますが、もちろんもっと多くの妖怪がいます。

「妖怪は世界に1000体いる」と水木しげるは言っていました(妖怪千体説)。

これからアニメや本を見て、妖怪をもっと知ってもらえたら嬉しいです。

作詞は初めてで苦労しました!

エンディングには妖怪が登場するようですが、何が出てくるのでしょうか?


©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿