ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(76話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(76話~) 10月27日 79話 こうもり猫のハロウィン大爆発 こうもり猫は、1期と3期では、バックベアードに大統領選で敗れ、4期ではバックベアード配下の四天王の一人として登場しました。 10月20日 78...

ゲゲゲの鬼太郎6期30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」吸血鬼怖かったかな?


ゲゲゲの鬼太郎6期30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」カミーラが直接血を吸ったのは一人だけでした。


まな(CV:藤井ゆきよ)はねこ娘(CV:庄司宇芽香)をハロウィンのイベントに誘い、二人で古い映画館を訪れます。

受付にいたのは、ねずみ男でした。

嫌な予感を感じつつ、ねこ娘はVRゴーグルを受け取ります。

上映前に、スマホがつながらなくなり、女子高生がトイレに行ったときに、最初の犠牲者が出ます。


実はこのイベントは西洋妖怪の幹部、カミーラ(CV:井澤詩織)が仕組んだものでした。

カミーラは、色白美人で、スタイルも抜群ですね。

カミーラ
カミーラ

そして次々に、映画館にいた女性達が吸血鬼になっていきます。


二人が周囲の異変に気づきゴーグルを外した時には、既に周りは吸血鬼と化した人間達であふれており、二人に次々と襲い掛かってきます。

吸血鬼になったねずみ男
ねずみ男
受付にいたねずみ男も吸血鬼化していました!

一方、指輪を探して街へ出ていた鬼太郎(CV:沢城みゆき)とアニエス(CV:山村響)も映画館の異変に気づきます。

映画館はアデルの魔法で異次元に移されており、アニエス一人の力では、入ることが出来ません。

そこで、アニエスは鬼太郎の妖力を貰って、二人の力で、入り口を開けました。


映画館の中では、ねこ娘カミーラと戦っていました。カミーラは、無数のコウモリに分かれることが出来て、ねこ娘の攻撃は役に立ちません。


そして、カミーラが、ねこ娘を追い詰めたと思い、「もう逃げられない」と言う言葉に対し、ねこ娘は、「逃げてるんじゃ無い、誘ったの!」と返します。

なんとも言えない、イケメンのねこ娘でした。

どや顔のねこ娘
ねこ娘
そして、そこに鬼太郎が現れて、指でっぽうで、カミーラは灰となりました。


これで、吸血鬼にされた人々は元に戻りますが、カミーラは、死んではおらす、コウモリとなって逃げ去りました。

今回は、ねこ娘ねずみ男が、ハロウィンを本当に嫌っていました。

ねこ娘は、

「ハロウィン爆発しろ!」

「ほんのちょっと前まで、誰もハロウィンなんか興味なかったくせに!」

「商業主義の産物!」

「単なるコスプレ大会!」

「ナンパはうざいし、道も混む!」

「大っ嫌い!!」

ねずみ男は、

「ほんのちょっと前まで、誰もハロウィンなんか興味なかったくせによ!」

「商業主義の産物!」

「単なるコスプレ大会!」

「カップルはうざいし、道も混む!」

「ハロウィン爆発しろ!!」

そしてアニエスは、

「変な国。どうして西洋のお祭りを有り難がっているのか理解できない。」

アニエスの疑問も良く解りますね。

クリスマスや、バレンタインもそうですが、信仰の対象では無くても、お祭りとして楽しむ日本人って、不思議な民族かもしれません。

今回こんな言葉が出てきたのも、東京渋谷の騒ぎのせいかもしれないですね。

暴徒化して、軽トラひっくり返したり、痴漢、盗撮、大量のごみと、なんとも悲しい出来事が起こっていたようです。

本来のハロウィンは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことで、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事です。

現在では、アメリカ合衆国で民間行事として定着し、カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習です。

好き勝手に何でもやって良い日ではありません。

さて、今回のお話では、期待通りに可愛い娘達がいっぱい吸血鬼になりました。

なかなか迫力のある顔になって、小さな子供はトラウマになるかもしれませんね。



吸血鬼の話は大好きなので、私も楽しく視聴出来ました。


唯一気になったのは、カミーラ一体何がしたかったんだと言うことです。

指輪を探しに来たのでしょうが、やってることは、女の子を集めて吸血鬼にしただけで、下準備だったのでしょうか?

まぁ、ねこ娘が混ざっていたのは想定外だったのかもしれませんね。

これで、西洋妖怪三人衆の紹介が終わったわけですが、感じとしては、それぞれは、特別強いわけでは無く、アデルの強力な魔法の力で、強化されている感じだと思いました。

アデルバックベアードを裏切る展開になるのはちょっと想像しにくいですが、もしも、アニエスとアデルの姉妹が、仲直りして魔法の力を使わなければ、バックベアードはかなりやばくなりそうですね。

今後の展開がどうなっていくのか楽しみです。

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル




0 件のコメント :

コメントを投稿