ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(71話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(71話~) 9月29日 75話 地獄崩壊!?玉藻前の罠(後編) 鬼太郎は、大逆の四将の一人である玉藻前の行方を追い、ついに地獄で相まみえます。しかし、玉藻前は鬼太郎達と決着をつけようとせず姿を消してしまいます。 一刻も早く...

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「白山坊」100年以上生きた古狐が妖怪と化したもの


白山坊は、布をまとった白い狐の妖怪で、強い妖力を持ち、無生物を操ったり、無生物に化けたり出来きます。


術をかけることで人間に幸運を授けたり、人の心を操ったり、普通の狐に言葉を話せるようにするなどができます。

基本的には、危機的状態にある人間に対し「命を助けてやる、ただし娘が16歳になったら嫁にもらう」という契約を持ちかけ、その後もらった娘を、嫁と称して食べようとします。

白山坊 024/---/011/039/011/---
鬼蛾     024/---/---/---/---/---

白山坊は、ゲゲゲの鬼太郎では、1・3・4・5期で登場しています。

4期までは、比較的原作に近い流れですが、5期ではオリジナルのストーリーでした。

鬼蛾は、1期のみの登場で、鬼太郎に助けて貰った恩返しとして白山坊との戦いに現れ鬼太郎を救いました。

1期は、24話「白山坊」で登場しました。


事業に失敗した橋本正吉は、自殺しようとしたところを、妖怪・白山坊によって救われます。

白山坊と正吉は、命を助ける代わりに、娘の花子が16歳になったら差し出す契約をいます。

鬼太郎
花子

成功者となった彼は、白山坊から娘を守る為の「同じ生年月日の少女の遺髪」を調達しようとします。

策略によって鬼太郎を追い詰め花子を奪い、岩に化けて鬼太郎を潰そうとします。

その時、鬼太郎に助けられた鬼蛾が現れ、白山坊に卵を産み付けます。

最期は鬼蛾の幼虫に内臓を食われ死亡してしまいました。 

白山坊
1期白山坊

白山坊
1期白山坊

鬼蛾
1期鬼蛾

3期では11話「妖怪キツネ白山坊」で登場しました。


15年前に事業に失敗し自殺を図った春子の両親の前に妖怪・白山坊が現れ、16歳になった春子を嫁にする条件で事業を成功させる契約をしていました。

春子

鬼太郎は猫娘を花嫁に変装させて攻める作戦を立てますが、それを見抜いた白山坊は、ねずみ男を使って鬼太郎達を遠くに誘い出し、家に残っていた春子を襲います。

戻った鬼太郎に対し、刀や大槌、岩などのに化けて戦いますが、似我蜂に追われて石に化けたところに姫蜂が蛾の卵を産み付け、幼虫に喰われて死亡しました。

白山坊
3期白山坊


4期では39話「妖狐・白山坊の花嫁」で登場しました。


食品会社の社長・橋本は、事業の成功と引き替えに、16年経ったら娘の茜を白山坊に差し出す契約を白山坊としていました。


白山坊は約束通り茜をさらいに来るが、茜が母の形見の髪飾りに守られているため手出しができませんでした。

そこで弟子のコン太に髪飾りを奪うように命令する。

髪飾りは破壊されますが、白山坊が茜を食べようとしていることを知ったコン太は、止めさせようとします。

しかし、白山坊は代わりにコン太を食べようとしますが、そこに鬼太郎が現れて、白山坊を封印の壺に吸い込みました。

白山坊
4期白山坊

白山坊
4期白山坊

5期では11話「おばけ漫才」と53話「白山坊 ビバ! お化け屋敷」に登場しています。


11話では、タロウズという売れないお笑い芸人に対し、「全日本お笑いグランプリに優勝させ、お客を大ウケさせる売れっ子にしてやる代わりに魂をもらう」という契約を交わします。

妖力でグランプリの投票結果を改ざんしたり、スベっても客を大笑いさせたりして、契約通りに魂を抜こうとしますが、鬼太郎に邪魔されます。

契約は正当なものであると主張するが、目玉おやじの提案で、妖怪相手の寄席をする事になります。

ダジャレは全く受けなかったのですが、タロウズのただのどつき合いが大ウケしたため、白山坊が、タロウズは白山坊の妖力が無くても面白いと認めたため契約を破棄され、タロウズは助かりました。

53話では、ねずみ男と組んで、妖怪横丁の住民達を動員して人間界での興行を企画します。

5期に登場した白山坊は、興行師として妖怪演芸「白山一座」の座長を務めていて、着物姿の白狐でした。

敵妖怪ではなく、道理のわかる妖怪として登場しました。

また、ねずみ男とは気が合いますが金銭に対しての執着は無く、「お客さんが喜んでくれるのが一番」と言う考えで行動していました。

白山坊
5期白山坊

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル




0 件のコメント :

コメントを投稿