ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(58話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(57話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期34話「帝王バックベアード」ねずみ男の屁!


ゲゲゲの鬼太郎6期34話「帝王バックベアード」ねずみ男の屁は威力抜群でしたねぇ。




あらすじ


ゲゲゲの森の一角に、慰安旅行の案内が掲示されます。



それを眺め、楽しみにしていた妖怪たちですが、子泣きじじい(CV:島田敏)が行方不明になってしまい旅行は中止になってしまいます。



その後さらに砂かけばばあ(CV:田中真弓)、ぬりかべ(CV:島田敏)、一反もめん(CV:山口勝平)が姿を消し、子泣き爺を見かけて後を追ったねこ娘(CV:庄司宇芽香)までが姿を消してしまいます。


これは西洋妖怪の仕業だと考えた妖怪たちは、ねずみ男(CV:古川登志夫)を先頭に、鬼太郎(CV:沢城みゆき)の家につめかけます。

ねずみ男他
ねずみ男他

ねずみ男は、カミーラにそそのかされていて、アニエスが出て行けば日本妖怪は安全だと考えていたようです。


アニエス(CV:山村響)を日本から追い出せとシュプレヒコールが起こり、その場に居合わせたアニエスは飛び出していってしまいました。


そして、アニエスもまたバックベアードに捕らえられてしまいます。


強大な妖気を感じ取った鬼太郎が向かった先には、バックベアードに操られた、ねこ娘砂かけ婆子泣き爺一反もめんぬりかべと、捕らえられたねずみ男、さらにバックベアードの中に閉じ込められたアニエスがいました。


鬼太郎に襲いかかるねこ娘達の攻撃を避けながらバックベアードに向かっていきますが、ぬりかべに阻まれてしまいます。

ここで、ねずみ男はたった一つの大技を発射します!

ねずみ男
ねずみ男


ねずみ男のおならを浴びたカミーラねこ娘達は気絶していまいます。

そして、鬼太郎の霊毛ちゃんちゃんこパンチと、バックベアードの中からアニエスが魔法をつかい、無事アニエスは逃げ出すことが出来ました。

バックベアードは火だるまになっていましたが、無事なようで、笑いながら去って行きました。

今回は、やっと出ましたという感じで、ねずみ男のオナラが炸裂しました。

ストーリー自体は、シリアスな展開なのですが、なぜか、笑ってしまうストーリーになっていました。

ねずみ男はさらに、ライターでオナラに火を付けるのですが、かなりの爆発力でした。

ねずみ男も妖怪なんだと、再認識しました。


話中ではバックベアードアニエスにこんなことも言っていました。

アニエス、おまえは私のもの。」

「魔女として生まれた以上、このバックベアードの元にしか居場所は無いのだ。」

「それがおまえの運命だ。運命からは逃れられない」

と言っていました。

次回の放送でこの意味もわかるのでしょうか?



©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル



0 件のコメント :

コメントを投稿