ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(63話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(63話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期53話「自己愛暴発!ぬけ首危機一髪」


今回は、人気ユーチューバーのHIKAKINさんが本人役で登場しました。

どちらかと言えば教育的な内容で、日曜朝のアニメっぽい感じでしたね。

あらすじ


就活で会社で面接するウーチューバーのチャラトミのシーンからお話は始まります。

一方、ゲゲゲハウスの鬼太郎の元へは、妖怪のうわさ大特集に自分が紹介されていないことを怒ったぬけ首がやってきます。


ゲゲゲの鬼太郎


雑誌の中の鬼太郎はかなりのイケメンで、ちょっと笑いました。。。


この時は、目玉おやじの機転で、既に有名だから載ってないんだという言葉に納得したぬけ首は帰って行きました。


ぬけ首は、首と身体が分かれる妖怪で、それぞれが離れていると、首はどんどん熱くなり、最後は爆発してしまい、身体はどんどん冷えていくとされています。

首と身体が一緒になっているときは、双方の温度でバランスがとれている状態になっています。


自分が有名だと信じているぬけ首は、動画を撮影中のチャラトミの前に現れました。


しかしそこで、チャラトミに抜け機微なんて知らないと言われてしまいます。


これを聞いて怒るぬけ首ですが、なんと、チャラトミと組んでウーチューバーをやることになります。


二人で作った動画は人気が出て、二人とも人気者になり大喜びですが、さらに動画を作ろうとするチャラトミに対して、ぬけ首は疲れたと言って帰ってしまいます。


収まらないチャラトミは、ぬけ首が寝ている間に胴体を隠していまいます。


このためぬけ首の頭はどんどん熱くなり、街は熱波でパニックになりました。


そして、チャラトミはぬけ首の胴体を見つけるゲームとして動画を配信をします。


まなの機転でぬけ首の胴体の場所を知った鬼太郎達はぬけ首の胴体の元へと向かいます。

そしてチャラトミも阻止すべく鬼太郎達を追いかけますが、結局暑さで倒れてしまいます。


そこに現れたのがHIKAKINです。

HIKAKINの、自分が好きなことを全身全霊で楽しんでいる・・・と言う話を聞いてたチャラトミは我にかえります。

ぬけ首の身体は鬼太郎によってぬけ首に返されて、熱波は収まりまり、再びチャラトミの前に鬼太郎とねこ娘は現れました。

チャラトミは、過去の自分を反省し、何かをちゃんと頑張ってせめて自分の人生の主役になりたいと語りました・・・・


チャラトミの成長と、炎上目当てで動画を撮影するユーチューバーや、バイトテロなどをするバカッター達を絡めて反省を促すストーリーだったと思います。

一時的に炎上してもそれはそれでは主役には慣れないことを伝えようとしたのでしょうか。

チャラトミのように反省してくれると良いのですが・・・・


©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿