ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(63話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(63話~)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪「木の子」


木の子については、特に伝承のようなものは見つかりませんでした。

妖怪と言うより、精霊と行ったほうが良いかもしれません。

子供の姿をした森の精霊で、人間に知られていない住み家で暮らし、成長して歳を取ることはない。

ゲゲゲの鬼太郎では、3期89話で登場しました。

妖怪の森(天狗の森)に住んでいる森の精霊として登場しています。

基本的に善良な妖怪で、姿は子供で、葉で出来た服を着ていました。

葉を使って、相手を身動きできなくしてしまいます。

森に迷い込んだモモコと一緒に暮らしていましたが、キノコとりに森に入ったねずみ男が入り込んだため、捕らえてしまいます。


木の子


ねずみ男が戻らないことを不審に思った鬼太郎が、天狗の森に入ってきたため、木の子達は、鬼太郎を追い返すために、封印されていた悪い山天狗の封印を解いてしまいます。

山天狗は鬼太郎を追い返しますが、モモコの生き肝を食べると言い出したため、木の子たちは、鬼太郎達と協力して山天狗を封印しました。



©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
動画紹介中→鬼太郎チャンネル





0 件のコメント :

コメントを投稿