ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(67話~) 8月25日 70話 霊障足跡の怪 祟りを起こすと言われるタイタンボウの御霊石を、破壊しようとする健人。そこに鬼太郎が現れる。彼が指差す先の人影を見ると、その顔がドロリと溶け…!? 山の番人は、タイタンボウさまと...

ゲゲゲの鬼太郎6期58話「半魚人のかまぼこ奇談」


今回登場したのは、半魚人。ストーリー的には3期に近かったのですが、色々楽しめる設定がありました。


あらすじ


船の遭難事件のために鬼太郎は、とある港町へと出かけていきました。

鬼太郎が温泉につかっていると、ねずみ男が現れます。

ねずみ男に連れて行かれた先には、半魚人がいて、鬼太郎は半漁人の深海妖術でダイオウイカと一体化させられてしまいます。

半魚人は、200トンの魚を捕ってきたら元に戻してやると鬼太郎に言いました。

しかし、いつまでたったも元に戻らず疲れ果てたところを半魚人の深海妖術で爆破されてかまぼこにされてしまいました。

2期でも大イカに飲み込まれて魚を捕っおり、その後爆破されてかまぼこされてしまったので、同じような流れでも始まりでした。

鬼太郎がかまぼこにされたことを知った目玉おやじは、全部の鬼太郎かまぼこを買えば鬼太郎を元に戻せると言いますが、あまりに高額で頭を抱えます。

ここで砂かけ婆の出番です。

1個10万円で100個分の1千万円を、「わしが出そう」とポンと出しました。

株・不動産投資・チョビットコイン・タックスヘイブンなど、資産運用は、今時の老人の常識じゃと言っていました。

砂かけ婆恐るべしですね。

こうして、鬼太郎かまぼこを買ったのはいいのですが、今度は恐山の妖怪病院での手術代が1億円。

さすがに砂かけ婆も無理だと思っていましたが、なんと「あるぞ」の一言でポンと払いました。

恐るべしと言うより畏怖の念さえ覚えました。

鬼太郎のために、惜しげも無くお金を出す砂かけ婆も、ナイスな妖怪ですね。

一方、半魚人は、ノウハウはもうかかったと、ねずみ男を切り捨て、どんどん稼ぎまくっていました。

人間の世界を気に入った半魚人は、メイドを募集します。

そこに現れたのが、女装した鬼太郎です。


女装した鬼太郎
女装した鬼太郎


6期も2年目になってC少し変わってきたのでしょうか。

さすがに鬼太郎の女装は無いかと思っていたのですが、やってくれました。

メイドに化けた鬼太郎に一目惚れした半魚人は、結婚を申し込みますが、人間と妖怪は結婚できないと断られてしまいます。

そこで半魚人は、妖怪病院で人間になる手術を受けます。

人間になった半魚人は、再び女装した鬼太郎に結婚を申し込みますが、鬼太郎は正体を現し、去って行きます。

その後、半魚人に裏切られたねずみ男が、工場でバイトテロをして、事業は下降線をたどり、銀行からも資金の返済を言い渡されます。

全てを失った半魚人は、妖怪に戻してくれ~と叫びますが、後の祭り・・・

鬼太郎の最後の言葉が印象的でした。

「お金が全ての世界が好きだっただろう?」

「その残酷な世界で、苦しみながら行き続けると良い。」

「人間として」

2期のストーリーを現代風にアレンジして、なずみ男を絡めた様なストーリーでした。

砂かけ婆の資産の多さには驚かされましたが、ストーリーの流れは、慣れ親しんだストーリーで安心してみることが出来ました。

予告と先行カット




半魚人(CV:松山鷹志)

ねずみ男と組んで、かまぼこビジネスを行う妖怪。深海妖術を使い、鬼太郎さえ操ろうとする。

半魚人
半魚人

鬼太郎とねずみ男
鬼太郎とねずみ男

ねずみ男と半魚人
ねずみ男と半魚人

鬼太郎とダイオウイカ
鬼太郎とダイオウイカ


鬼太郎ファミリー
鬼太郎ファミリー

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション




2 件のコメント :

  1. 鬼太郎感想Youtube私はそれがとても好きです。映画が消えた?

    返信削除
    返信
    1. 事情によりハイライトシーンの動画は削除しました。m(_ _)m

      削除