ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(76話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(76話~) 10月27日 79話 こうもり猫のハロウィン大爆発 こうもり猫は、1期と3期では、バックベアードに大統領選で敗れ、4期ではバックベアード配下の四天王の一人として登場しました。 10月20日 78...

ゲゲゲの鬼太郎6期59話「女妖怪・後神との約束」


純情な妖怪と懲りない人間の業。上手くまとめられていたと思います。


あらすじ


鬼太郎は、ちょうど二週間前に恋人が失踪したとある青年からの依頼を受けて失踪事件を調べるます。

奇妙なことに街では、失踪事件が連続して起きていました。

一連の事件は妖怪の仕業だと確信する鬼太郎。

ねこ娘からの警告を受けたまな(cv. 藤井ゆきよ)は、失踪事件失踪事件が二週間ごとに起きていることに気が付きます。

そして2週間目のその日に狙われたのは、まなの友達の雅の家でした。

次々に家族はサボテンい飲み込まれていきます。

そして、雅もまなへ「助けて」のメッセージを残してサボテンに飲み込まれました。

その夜、メッセージを受け取ったまなは、雅の家に駆けつけ、恐る恐る家の中に入っていきます。

すると、そこに現れたのは、妖怪「後神」でした。


後神
後神は過去作とほぼ同じでした。


すんでの所で、鬼太郎が駆けつけ、危機を脱したかと思われましたが、なんと、ねこ娘と鬼太郎がサボテンに飲み込まれてしまいます。

サボテンの中で、鬼太郎は同じく飲み込まれていたねずみ男から事情を聞きます。

後神は、ある男に結婚詐欺に遭っていたのですが、そうとは思わずに男信じてを捜し続けているのでした。

一方、目玉おやじは鬼太郎にサボテンの弱点を伝えようとしますが、方法がありません。

そこで、まなは自らサボテンに向かっていき飲み込まれます。

まなからサボテンの弱点を聞いた鬼太郎は、指でっぽでサボテンを倒し、吸い込まれた人々も全て元に戻りました。

鬼太郎は、後神に騙されていることを伝えますが、信じようとしません。

そして後神はついにその男を発見しましたが、ちょうど別の女を騙しているところでした。

起こった後神は男に飛びかかろうとしますが、鬼太郎が男に、二度と女を騙したりしないと約束させてその場を納めました。

大人しく引き下がったようにみえた後神ですが、実は、男に一生取り憑いていくことを決めていました。

最近は、さらわれ役が雅に映り、まなが、5期の時のねこ娘のように事件を鬼太郎に知らせる役割を担ってきているように感じます。

ねこ娘は戦闘要員と言うこともあって必然の流れかもしれませんね。

ストーリーの流れとしては、詐欺師の男が後神を騙してしまい、鬼太郎の取りなしで一度は助けられますが、結局は後神に取り憑かれてしまうと言う流れで、懲りない人間の性が良く描かれていたと思います。

最後のシーンですっきりした方も多かったのでは無いでしょうか。

古来、妖怪=悪のイメージですが、ゲゲゲの鬼太郎を見ていると、懲りない人間の悪を改めて実感させられてしまいます。


予告と先行カット





後神 cv. 桑島法子

真っ黒な顔を持つ女妖怪。元々は気性の優しい性格だったようだが…


後神



事件を調べる鬼太郎とねこ娘
事件を調べる鬼太郎とねこ娘

サボテンに飲み込まれる鬼太郎
サボテンに飲み込まれる鬼太郎

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿