ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(63話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(63話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期62話「地獄の四将 黒坊主の罠」


地獄の四将では二人目の妖怪「黒坊主」の登場。


あらすじ


永富ダムが竣工して放水されますが、その水が赤く濁って異臭を放ちます。


街では、水道水が飲めなくなり、ペットボトルの水も売り切れてパニックになっていました。


そのニュースを見た鬼太郎達は、黒坊主の仕業を疑います。


一方、些細な事で鬼太郎と喧嘩をしたねずみ男が街を歩いていると、黒坊主が金儲けの話を持ちかけます。


人間の技術では水の浄化が出来ず困っているところに、ねずみ男が浄水器を月500円のレンタルで販売を始めます。


売れ行きは上々で商品が出回ったところで、何と月50万円に値上げします。


困った首相と話をするねずみ男は、大臣のイスをよこせと言いました。


ここで、何たらミクスとか、統計データ改ざんなどの風刺ネタを入れていましたが、久しぶりにガツンときたなという感じで、面白かったです。


首相と話した帰り道、ねずみ男は石動零にさらわれてしまいました。


今回召喚したのは、鵺。


手が鵺のアタマに変わったところは、ちょっとコミカルでした。


ねずみ男をさらった石動零は、ねずみ男から黒坊主のことを聞き出そうとしますが、頑として口を割りませんでした。


ねずみ男から黒坊主に事を聞き出すことをあきらめた石動零は、ねずみ男を殺してしまおうとします。


しかし、すんでの所で、鬼太郎が助けに来てねずみ男助かりました。


石動零から、こんな奴を助けることは矛盾していると言われ、鬼太郎はこう答えました。


「ねずみ男は、本当にどうしようも無い奴だ!」

「同じような過ちを繰り返して改心する気配すら無い。」

「こういう奴が生きる余地の無い世界こそ、僕が最も嫌うものだからだ。」

「ねずみ男が過ちを犯せば僕は怒るし懲らしめもする。」

「でも、痛い目に遭ってわびればそれを許したい。」

「許せる自分でいたい!」


鬼太郎も石動零も悪と戦うという事では同じですが、結果は全く違ったものになりますね。


鬼太郎とねずみ男の関係性の一部が明かされた瞬間でした。


やっぱ鬼太郎格好いいなと思いました。


そして、鬼太郎と石動零が戦っているところへ、黒坊主が登場します。


黒坊主の弱点は水だと言って、石動零が黒坊主に水をかけますが、効き目が無し。


その時、黒坊主の言葉にヒントを得たねずみ男は、こっそりと黒坊主の本体である絵に近づき、絵に向かって放尿しました。


黒坊主は苦しみ、捕らえていた鬼太郎と石動零を放してしまいます。


ここで、鬼太郎は、黒坊主の本体もろとも指でっぽうで打ち抜き、黒坊主を倒して魂を捕まえました。


黒坊主は、鬼道衆の里の襲撃とは関係ないと考えた石動零は敢えて魂を奪うことはありませんでした。


今回登場した黒坊主は、齧歯類のような歯を持つ妖怪で、本体は別にある絵と言うことになっていました。


黒坊主


5期に登場した黒坊主は全く違う設定でした。


今回黒坊主を出っ歯にしたのは、声優が4期のねずみ男役だった千葉繁さんだったからなのかなんて思ったりもしましたが、真相はどうなのでしょうか?


黒坊主の声を聞いたときは、4期のねずみ男が浮かんできて、とても懐かしく感じました。


風刺も効かせながら、鬼太郎とねずみ男の関係性を描いた印象に残るお話でした。


予告




先行カット


黒坊主(CV:千葉繁)

鬼太郎たちが追う、大逆の四将の1人。水を汚す妖怪で、地獄に捕らえられていたところを脱走した。

黒坊主


石動零
石動零

鬼太郎ファミリーとまな
鬼太郎ファミリーとまな

喧嘩をするねずみ男と鬼太郎
喧嘩をするねずみ男と鬼太郎

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション




0 件のコメント :

コメントを投稿