ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(83話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(83話~) 12月29日 放送休止? 12月22日 86話 鮮血のクリスマス 鮮血と言うことは、吸血鬼からみになるのでしょうか? 12月15日 85話 巨人ダイダラボッチ 突如富士山周辺に現われた巨大な眼球、鼻...

ゲゲゲの鬼太郎6期73話「欲望のヤマタノオロチ」


斉藤さんは、それ程悪人というわけでも無さそうでしたが、欲に負けて、気が付いたときには時既に遅し・・・

あらすじ


どんな願いも8つ叶えてくれる、オグロ山のヤマタノオロチ(CV:柴田秀勝)の噂が、ネットで静かに広がっていました。それを知った鬼太郎(CV:沢城みゆき)は、山の事情に詳しい呼子(CV:祖山桃子)に詳細を聞こうとしますが、歯切れが悪い。

一方、会社の童呂に振られた斉藤(CV:沼田祐介)は、自分の不幸を嘆いていましたが、ヤマタノオロチの噂を知ります。すぐさまオグロ山に向かった彼は、途中地元の人間に忠告されますが、無視して山に入っていき、そこで呼子(CV:松野太紀)に出会います。ヤマタノオロチに会いたいと言う斉藤に、呼子は大粒のダイヤモンドを渡しました。

ダイヤに触ると光り輝き始め、気付けば斉藤はダイヤの中に閉じ込められていました。巨大なヤマタノオロチと対面した斉藤は、必死に逃げようとしますが、そんな彼にヤマタノオロチは8つの願いを言えと迫ります。


最初の願いは、「ここから出してくれ」でした。すると、斉藤は、街へと戻っていました。

二つ目の願いは、「3億ほしい」でした。不幸な人間が望むことと言えば、ほとんどの人が望む願いですね。そして、父親の急死で保険金3億円を手に入れます。

三つ目の願いは、かつて自分を振った「山吹さやかとの結婚」でした。そして、二人は婚約します。

金と女を手に入れて幸せそうな、斉藤の前に、鬼太郎が忠告に現れますが、斉藤はダイヤを手放すことを拒否します。

次に、彼女が金目当てだと知った斉藤は、四つめの願いに、「彼女と別れたい」と願います。すると、軽飛行機がビルに突撃して彼女は死んでしまいます。

ここで、斉藤は、自分の願いが叶うと誰かが不幸になっていることに気が付きます。そして、ダイヤを質屋に売り払うのですが、ダイヤは斉藤の元へ戻ってきてしまいます。

斉藤の前に、やくざを釣れた質屋が現れ、ダイヤも保険金も取られてしまいます。

斉藤は、ダイヤに壊れてしまえと五つ目の願いをしますが、ダイヤは爆発し斉藤がけがをして再び復活して願いをしろと斉藤に迫ります。

追い詰められた斉藤は、六つ目の願いで、「おまえを殺せる奴」を呼び出します。そして鬼太郎の登場です。鬼太郎は、渋々ながら、指でっぽうでダイヤを壊そうとします。しかし、一度では壊れず、何度も予備でっぽうを放っているその時、斉藤はヤクザ達が近寄ってくる気配を感じます。ヤマタノオロチに、このまま私が壊されたらおまえはヤクザにやられてしまうと斉藤を脅します。

そして、何つ目の願いで、「鬼太郎を殺してくれ」と願います。

鬼太郎が倒されると、斉藤は、いつの間にかオグロ山の呼子の元へ来ていました。そして、「もう、願いなんか捨てたいと」願います。すると、斉藤は、呼子と入れ替わって、自分が呼び子になっていました。

斉藤は、解放石を渡され、自分と同じように伝説を信じて来た奴を捕まえて入れ替われと教えられます。

良い感じのバッドエンドでした。

そして、最後に目玉おやじが一言、「禍福(かふく)は糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)し」

先行カット




 ヤマタノオロチ(CV:柴田秀勝)

オグロ山に住む妖怪。どんな願いでも8個叶えてくれるというが…?



予告



(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿