ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(83話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(83話~) 12月29日 放送休止? 12月22日 86話 鮮血のクリスマス 鮮血と言うことは、吸血鬼からみになるのでしょうか? 12月15日 85話 巨人ダイダラボッチ 突如富士山周辺に現われた巨大な眼球、鼻...

ゲゲゲの鬼太郎6期74話「地獄崩壊!?玉藻前の罠」


地獄の四将編も大詰。最後の四将「九尾の狐」が登場しました。

あらすじ


閻魔大王(CV:大友龍三郎)から九尾の狐こと玉藻前(CV:田中敦子)の捕縛を催促された鬼太郎(CV:沢城みゆき)。大逆の牢獄は、地獄の最下層をその重さを持って支える役目があり、必要な重さが無ければ、地獄の底からわき出す霊的柄ネルーギーとのバランスが崩れて、地獄が崩壊し現世と繋がってしまう可能性があるという。

早く捕らえなければ、ねこ娘は地獄へ戻り、鬼太郎は重しの代わりにして地獄の全獄卒を玉藻前捕縛のために解き放つと言われます。

そんな中、手紙の依頼をこなそうと出かけたぬりかべ(CV:島田敏)と子泣きじじい(CV:島田敏)が戻らず、二人を探しに出た砂かけばばあ(CV:田中真弓)が探しに行きます。

砂かけ婆が手紙の依頼の場所に行くと石動零が現れます。玉藻前との戦闘のために、ぬりかべと子泣き爺は石動零に取り込まれていました。さらに、豆腐小僧を人質にされ、砂かけ婆も取り込まれてしまいます。

必要のなくなった豆腐小僧を石動零が殺してしまおうとしたとき、砂かけ婆の姿を見かけて後を追ってきたまなが現れ、豆腐小僧を助けますが、その時、石動零から、鬼太郎と閻魔大王との密約を知らされます。

一方で、日本にA公国の軍艦が迫ってきて、戦争が起こりそうになります。影で操っているのは九尾の狐。日本政府は、同盟国や国連周辺国へと助けを請いますが、そこにも九尾の狐の分身が手を回しており、ことごとく断られてしまいます。

各国に送り込まれた美人狐たちは九尾の狐の部悪化と思いましたが、今回登場した九尾の狐は分身出来るようで、分身達でした。この発想は無かったので、少し驚きました。

石動零は、A公国にいる九尾の狐の分身に戦いを挑みますが、地獄の霊的エネルギーを本体が吸収しており、その力の前に全く歯が立ちません。

石動零がピンチに陥っているその時、石動零を追っていた鬼太郎(まなが伊吹丸から貰ったお札で石動零を探した)が現れ、戦闘に加わりますが、鬼太郎の指でっぽうでも九尾の狐を倒すことは出来ません。

前編はここで終わりましたが、この先どう解決するのでしょうか?石動零は、妖怪を取り込みすぎて身体は既に限界になりつつあるようでした。地獄では、閻魔大王が九尾の狐に倒されてしまい、また、湯治から帰ったねこ娘は、まなから鬼太郎と閻魔大王との密約を聞いてしまったようです。

来週で全て解決出来るのでしょうか??

先行カット


地獄崩壊!?玉藻前の罠

玉藻前(CV:田中敦子)

大逆の四将の1人で、九本の尾を持つ狐の妖怪。平安の世に美しい女官に化け、様々な王を唆してきたと言われている。

玉藻前


予告




(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿