ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(83話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(83話~) 12月29日  12月22日 86話 鮮血のクリスマス 鮮血と言うことは、吸血鬼からみになるのでしょうか? 12月15日 85話 巨人ダイダラボッチ ダイダラ教徒とか出てくれないかな? 1...

ゲゲゲの鬼太郎6期75話「九尾の狐」


地獄の四将編もついに完結しました。迫力の戦闘シーンに鬼太郎ファミリー・アニエス・アデルも加わって・・・

あらすじ


大逆の四将最後の一人、玉藻前(CV:田中敦子)の行方を追い、ついに地獄であいまみえた鬼太郎(CV:沢城みゆき)ですが、玉藻前は鬼太郎たちと決着をつけようとはせずに姿を消してしまいます。一刻も早く玉藻前を追いたい鬼太郎だったが、そこへ石動零(CV:神谷浩史)が立ちはだかる。あっという間に一反木綿を取り込んだ零は、更なる力を欲して鬼太郎を取り込もうとしますが、取り込んだ子泣き、砂かけ、ぬりかべ、一反木綿に邪魔をされてしまし、破れ、子泣きたちの魂と鵺の魂を鬼太郎へ渡します。

その頃、日本の官邸では今にも戦争が始まりそうな気配ですが、そこにねずみ男が現れ、開戦を止めます。

一方、密約を知ったねこ娘は、アニエスの力を借り、まなとともに地獄へと向かいます。地獄についたねこ娘は、伊吹丸の魂を解放し、さらにアニエスとアデルの魔法で、地獄の霊的エネルギーを封じます。

妖怪を取り込みすぎて制御が効かなくなった石動零から、子泣きたちの魂を取り戻した鬼太郎は、九尾の狐の元へと向かい、戦闘になりますが、九尾の狐に追い詰められていきます。そして、あわやという時に、伊吹丸の力を得た石動零が現れます。戦闘中に、霊的エネルギーがアニエス達に封印されたため力が弱まった九尾の狐は、ファミリーの力を得た鬼太郎に倒されました。

伊吹丸は、半身を地獄に、そして半身は石動零と修行の旅にということで、アニエスの時と同じような形になりましたので、今後も伊吹丸と主に登場する機会はあるかもしれませんね。

今話は、四将編の最後ということで、鬼太郎ファミリーをはじめ、多くのキャラクターが解決に向けて協力をしていたのが印象的でした。23分でどうまとめるのかと思っていましたが、いい感じで収まっていて、内容的には1時間物でもよかったような濃い内容でした。

エンディングは、このまま最終回といってもよい感じ作りだったのが少し気になりましたが、来週からは、最終章ぬらりひょん編が開始です!

先行カット


ゲゲゲの鬼太郎75話先行カット


九尾の狐(玉藻前)
九尾の狐(玉藻前)

九尾の狐(玉藻前)
九尾の狐(玉藻前)

予告




(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿