ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(80話~) 11月24日 82話 爺婆ぬっぺっぽう 脚本:金月龍之介 ねずみ男が売った若返りクリームを使った人がみんな年老いてしまう問題が起きる。鬼太郎たちがねずみ男を問いただすとぬっぺっぽうという妖怪から頼まれた...

ゲゲゲの鬼太郎6期77話「人間消失!猫仙人の復讐」


なんとなく、ぬらりひょんの行動の意味がわかってきました。

あらすじ

ぬらりひょん(CV:大塚明夫)は、ビルで爆発事件をお越し、一方、朱の盆(CV:チョー)に命じて猫塚の封印を解かしていた。

鬼太郎(CV:沢城みゆき)は、大逆の四将を解放したのはぬらりひょん(CV:大塚明夫)ではないかと考えていた。そんなある日、ぬらりひょんの調査から帰った鬼太郎の元へぬらりひょんが現れます。四将を解放したのかと言う問いに、ぬらりひょんは「そうだ」とあっさり答えます。人間同士を疑心暗鬼にして相争わせ、妖怪の復権を目論んでいることを鬼太郎に伝えると、去って行きました。

町で次々と人々が姿を消し始めたという依頼を受けた鬼太郎は、ねこ娘(CV:庄司宇芽香)と共に向かいます。しかしそこでは人間の姿はなく、ただ猫がいるだけだった。しかし、その猫たちは、猫仙人によって猫の姿に変えられた人間達でした。姿を現さない依頼人と町の現状を怪しむ鬼太郎たちは、巨大な猫の妖怪の後を追って洞窟に入り込みます。洞窟の中には、小さな檻に閉じ込められた人間達がたくさんいました。猫仙人は、鬼太郎の問いかけに答える必要は無いと、鬼太郎をいきなり猫にしてしまいます。

鬼太郎がいきなり殺されたかと思いきや、猫に変身してしまい、この展開には少し驚きました。

そして、ねこ娘に対し猫仙人は、この人間達は、猫たちを商売に使い、必要なくなった猫たちは殺してしまう人間達だと言います。こんな人間達を助ける必要があるのか・・・

苦難の表情を浮かべるねこ娘ですが、猫にされた飼い主のそばに寄りそう猫を見たねこ娘は、意を決し、猫仙人を倒しました。

猫にされていた人間達は、これからは猫を大切にしてあげようと言いますが、捕らえられていた人間達は、自分たちは悪くないと言い、その場を去って行きました。

苦々し思い出それを見つめる鬼太郎とねこ娘の前に、再びぬらりひょんと朱の盆が現れます。ぬらりひょんは、妖怪達にこの様子を見せて、鬼太郎は人間の味方で、悪い人間から妖怪を助けないと印象付けます。そして、妖怪達をつれていずこかへと去って行きました。

ぬらりひょんの目的はここになったのですね。人間同士を相争わせ、妖怪達を鬼太郎から離反させる。なんとも策士ですね。過去に登場したぬらりひょんは、ちょっとコミカルなところもありましたが、どうやら5期のぬらりひょんは、コミカルな部分は、すべて朱の盆に任せている感じです。

後味の悪さは、まさに6期のゲゲゲの鬼太郎という感じで、とっても気に入りました!

先行カット


77話先行カット


朱の盆
朱の盆

ぬらりひょん
ぬらりひょん
 猫仙人(CV:稲葉実

自分の魂を猫から猫へ移すことができる、猫の妖怪。猫を大事にしない人間に憤っている。
猫仙人
猫仙人

予告





(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿