ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(95話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(95話~) 3月29日 97話 見えてる世界が全てじゃない 脚本:大野木寛 あらざる地を走るまなは、ようやく鬼太郎の姿を見つける。一方、現世ではバックベアードが地球に迫っていたが、それでも人間と妖怪の戦争は止まらない。...

ゲゲゲの鬼太郎6期84話「外国人労働者チンさん」


今回の妖怪は、結局最後まで名乗らせてもらえませんでしたね。

あらすじ


南方の山奥で、とある妖怪―通称チンさん(CV:杉田智和)は決意する。「オレ、村のみんなに楽チンな生活させたい!」とお金を稼ぐために日本に降り立ったチンさんだったが、全裸を理由に捕まってしまいます。

しかし、鬼太郎(CV:沢城みゆき)と共にやって来たまな(CV:藤井ゆきよ)がタオルを渡すことで、なんとか釈放されました。彼は腰にタオルを巻いて懸命に仕事先を探しますが、本名を名乗ると全く採用されません。そして、チンさんと名乗ることで、とある職場に採用されます。

しかし新しい職場で 働く外国人たちは差別され、不当な労働を強いられていました。それでもまなの応援もあって頑張って仕事をしていましたが、倒れた外国人労働者への対応に怒ったチンさんは、ついに怒りを爆発させてしまいます。

そこに、鬼太郎とまなが現れ、まなの説得でチンさんは怒りを収め、新しい職場へ旅立っていきました。

アニメとしては、ギャグ満載で面白い場面もふんだんにあり、純朴な妖怪チンポとまなが心を通わせたハートフルなお話でした。しかし、チンさんが外国人を差別するブラック物流倉庫で働く外国人労働者としての登場と言うことで、内容はかなり重い物でした。最終的にブラック物流倉庫は労働基準法違反で閉鎖され、チンさんも新しい職場を見つけられたと言うことで、ハッピーエンドと言うことになりますが、しっかり笑わせてもらった中にどんよりとした物が心に残るお話でした。

今回の妖怪は元々は南方妖怪のチンポという名前で登場していた妖怪ですが、今時はさすがに問題があるのか、最後まで本名は名乗れませんでした。


先行カット


ゲゲゲの鬼太郎84話

ゲゲゲの鬼太郎84話

チンさん(CV:杉田智和)

貧しい村で育った南方妖怪。村の仲間に楽チンな生活をさせるために、日本に出稼ぎにやって来る。正義感が強く正直な性格である。



予告




TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』公式サイト
TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』公式ツイッター(@kitaroanime50th)


(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿