ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(95話~)

ゲゲゲの鬼太郎6期各話タイトルとあらすじ(95話~) 3月29日 97話 見えてる世界が全てじゃない 脚本:大野木寛 あらざる地を走るまなは、ようやく鬼太郎の姿を見つける。一方、現世ではバックベアードが地球に迫っていたが、それでも人間と妖怪の戦争は止まらない。...

ゲゲゲの鬼太郎6期95話「妖怪大同盟」


いよいよ残り3話を残すのみとなりました。クライマックスへ向けての第一弾!
なんと鬼太郎がれいみ総理に殺されてしまいます・・・

あらすじ


西洋妖怪の帝王が復活した。「貴様たちに残された道はただひとつ。滅びだ!」バックベアード(CV:田中秀幸)はぬらりひょん(CV:大塚明夫)と手を組み、ひとつの街を消滅させます。それをきっかけに人々の妖怪への憎悪は膨れ上がり、ついには妖対法が成立してしまいます。政府は妖怪テロリストたちを次々と滅ぼしていき、その中で妖怪たちも人間への憎しみを募らせていった。その波はゲゲゲの森も呑み込み、人間へ対抗しようとする妖怪が現れ始めます。人間と妖怪の衝突を避けるため、鬼太郎(CV:沢城みゆき)は総理(CV:れいみ)を説得しようと決意する・・・・

一人で総理の元へ向かう鬼太郎の前に、海外へ逃亡を考えていたねずみ男が現れ、ともに総理の下へ向かいます。ともにバックベアードとぬらりひょんを倒そうと提案する幾多郎に総理は妖怪用の拳銃を向け、ついには鬼太郎を殺してしまいます。その様子を見たねずみ男は、鬼太郎の敵を討つために妖怪大同盟に加わってしまいます。


総理が鬼太郎と手を組まないであろうことはなんとなく想像していましたが、なんと鬼太郎を殺してしまいました・・・どこかのタイミングで復活するのでしょうが、それにしても・・・言葉がありません。残り後2話でどんな結末を迎えるのか、ただ待つしかありません。


先行カット


ゲゲゲの鬼太郎6期95話「妖怪大同盟」

 ねずみ男が涙?

ゲゲゲの鬼太郎6期95話「妖怪大同盟」

邪魅(CV:半田裕典)
妖怪を恨み、妖対法を支持する人間と対立するため、妖怪同士が組む大同盟を結成。大同盟のリーダー的存在である。

邪魅(CV:半田裕典)



予告




(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション



0 件のコメント :

コメントを投稿